Loading...
聴いた音楽・観た映画など
アーカイブしていくサイト

恋の渦[2013]

大根仁

超低予算の密室DQN群像劇
★★★★★

超低予算かつ、全く無名の俳優による作品だがめちゃくちゃ面白い!
いわゆるDQNと呼ばれる人たちの群像劇で、舞台は4つ部屋の室内のみで、動きも少なく殆どが会話シーンのみで構成された非常にソリッドな構成。

何度か繰り返して見ると、細かいカメラワークや会話の中の微妙な返事のトーンや”間”によってそれぞれの人間関係が驚くほどきめ細かく演出されている。

一番面白いと思ったの点は、「DQNの実在感」。
カップルにしても同性同士の友人関係にしても、そこら辺に必ずいそうなとてつもない実在感を感じてしまった。
男同士・女同士・男女間での「あるある」をこれでもかと見せられていく。
コウジとトモコの2人の演技が特に良かったな。もう完全に「そういう人」にしか見えない感じ。

「テラスハウス」が作られた感のあるキラキラした”光”だとしたら、この作品はまさにむき出しのリアルを突きつけてくる”影”である(笑)。
二つを見比べてみるのも面白いかも。

ブラック・コメディとしてニヤニヤしながら観てしまう作品。

劇中に流れる音楽も、場面転換のロネッツの「Be My Baby」のイントロのみなんだよね〜。
凄くミニマムな構成でここまで面白い作品が作れるという、低予算映画のお手本のような映画だと思う。