Loading...
聴いた音楽・観た映画など
アーカイブしていくサイト

ザ・ウォーク[2016]

ロバート・ゼメキス

まさに3D専用映画!
★★★★

大好きな映画「コンタクト」のロバート・ゼメキスの最新作。
彼の代表作といえば「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と「フォレスト・ガンプ」だけど、「コンタクト」は過小評価されている気がするな〜。

ゼメキスは「新しいもの好き」というか、最新の映像表現を積極的に取り入れていくイメージがある。
CGや合成も積極的に使っていくが、クオリティが高いので、昔の作品を見てもあまり違和感がなく見れる。
(流石に合成はちょっと不自然さは出るけど 笑)

この映画はまさに3D映像の利点を最大限に生かした「高所体感ムービー」である。
予告編だけでも十分かっこいいけど、本編はさらにヒヤヒヤの場面の連発で面白い!

3Dの映画館で見ている時は、思わず体が避けてしまうようなシーンもあり、かなり3Dを意識した映画なので、家のテレビで観て最大限に楽しめるかは微妙な所。

同じ話のドキュメンタリー版の「マン・オン・ワイヤー」も観ていたので、飽きずに楽しめるかという懸念があったけど、そんな懸念は軽く吹き飛ばすくらい映像の凄さを楽しめるエンターテイメント作品になっていた。

こんなに手汗がびっしょりになる映画は中々無いと思う(笑)
ラスト30分は圧巻!

危険な場所や行為をあえて行う人の心理や動機は、中々普通の感覚の人には分からないけど、まさに「生を実感する」ために命を危険に晒すのかな。エクストリームスポーツや高所の体感はいつか体験してみたいな。