Loading...
聴いた音楽・観た映画など
アーカイブしていくサイト

My Head Is an Animal[2011]

Of Monsters and Men

アイスランドから新星現る!
★★★★★

アイスランドのOf Monsters and Menのファーストアルバム。
ビョークやシガーロスに続いて、本当に凄いバンドが出てきたと思う。

アイスランドについて詳しく知りたい人は、シガーロスの「Heima」というドキュメンタリーがオススメ。
これを観ると、絶対にアイスランドに行ってみたくなると思う(笑)

このバンドの魅力は、男女ボーカルの掛け合いが心地良い。
女性ボーカルは透き通るような声、男性ボーカルは優しい歌声で、どちらの声も凄いく良い!

デビューアルバムとしては、本当に信じられないくらい完成度が高いと思う。
アコースティックがメインなんだけど、非常にスケール感のあるドラムでまさにアイスランドの大地を連想させる。

曲名も「Dirty Paws」や「King and Lionheart」「Mountain Sound」など、自然や神話をモチーフにしたものが多い。
「Littele Talks」が一番有名だけど、本当に全曲素晴らしい。
このスケール感や「都市っぽさ」が全く感じられない人里離れた雰囲気はまさにアイスランドらしいのかも。

似た雰囲気のバンドとしては、Fleet FoxesやLumineersあたりなのかな。でもUSっぽくはない。
「Hvarf-Heim」というアルバムを出した頃のシガーロスに特に影響は受けているような気がした。

この掛け声はクセになるな〜。非常にライブ映えするバンドでもあるので、単独でも来ないかな。