Loading...
聴いた音楽・観た映画など
アーカイブしていくサイト

Helplessness Blues[2011]

Fleet Foxes

内省的・プログレッシブな方向へ舵を切ったセカンド
★★★★

素晴らしい前作に引き続き、非常にクオリティの高いセカンド・アルバム。

前作よりもさらに内省的・かつプログレッシブなフォークへと向かっている。
1曲の中でも転調があったり練りに練ったであろう複雑な構成の曲もあるので、決して聴きやすいアルバムでは無いと思う。
「OK Computer」の頃のレディオヘッドのような緻密さと息が詰まるような雰囲気を感じた。

3曲目の「Sim Sala Bim」、5曲目の「The Plains / Bitter Dancer」、10曲目の「The Shrine / An Argument」あたりは凄くプログレフォークの匂いを感じる。

この作品を持って、ドラムが脱退し、現在はバンドは休止状態の模様。
それぞれのメンバーは本当に才能豊かだと思うので、個別の活動にシフトしていくのかな。