Loading...
聴いた音楽・観た映画など
アーカイブしていくサイト

xx[2009]

The xx

引き算の美学
★★★★★

ロンドン出身のThe XXのファースト・アルバム。
ギター・ベース・DJ(リズムトラック)の3人組編成で、男女ツインボーカル。

このバンドの魅力は何と言っても「音数の少なさ」だと思う。
ミニマリズムを極めたサウンドは、オンリーワンと言っていい。
コードを鳴らさない単音ギターと、動きの少ないベース、チープなリズムトラックのみで、ここまで表現できるのは素晴らしい。
男女ともに、声を張らないウィスパーボイスで、声も楽器的な使い方をしている印象。

ジャケットやバンドとしてのビジュアルも、黒と白のモノトーンで統一されており、
バンドとしてのコンセプトやビジュアルイメージも非常に洗練されている。

1曲目の「Intro」から最高。5曲目の「Heart Skipped A Beat」の構成が特に好き。
11曲目の「Stars」はまさにミニマリズムの極地のような曲。

似たようなバンドは中々思いつかないけど、DJを加えた編成ということではMassive Attack辺りかな。
あとは、最近のレディオヘッドあたりも近いのかもしれない。
Ratatatというインストバンドにも少し似ていると思った。

ライブも観に行ったけど、CDとは違い、「リズムトラック」の強烈で、お腹に響く重低音が記憶に残っている。
DJ兼プロデューサーのJamie xxはソロでも活躍中。



これもオススメ